« 安全運転管理者講習 | トップページ | EQについて(その3) »

EQについて(その2)

今回は、「情動」について書きたいと思います。

情動とは何か

情動について簡単な例を挙げますと、遙か昔から親が子どものためにと、親の自己犠牲が行われてきました。これが情動による行動です。これは進化生物学者の目で見れば「種の継承」を目的とする行為ととれますし、多くの一般的な人間の立場からは「愛情」による行動と思われるでしょう。

このような心の一番深いところから発する熱情や願望は人間を動かす根源的な力であり、人間の種の存続を支えてきた力です。このような情動の力は、危機に瀕した時、大切なものを失った時、挫折を克服しなければならない時、夫と妻が心を結ぼうとする時、家庭を築いていく時など、理性だけに任せておけられない重大な局面において、人間の行動を導きます。これは一時的に理性を凌駕する大きな力となるのです。

|
|

« 安全運転管理者講習 | トップページ | EQについて(その3) »

人事・採用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192001/15478086

この記事へのトラックバック一覧です: EQについて(その2):

« 安全運転管理者講習 | トップページ | EQについて(その3) »