« これから就職活動を行う方に3 | トップページ | 企業の「求める人材像」調査結果について2 »

企業の「求める人材像」調査結果について1

3月12日に経済産業省より、企業の「求める人材像」調査の結果についての発表がありました。実は、私もこのアンケートに回答しておりました。若干どのような結果になるのか気になっていたのですが、ようやく発表になりました。

企業が職場で求めている能力を「社会人基礎力」と定義し、その明確化と人材ニーズを把握するアンケート調査とのことでした。

ちなみに社会人基礎力は大きく分けて3つの分類があり「前に踏み出す力(アクション)」、「考え抜く力(シンキング)」、「チームで働く力(チームワーク)」があり、さらにそれが細分化(12の能力要素)に分類されています。

○前に踏み出す力(アクション)

    1. 主体性:物事に進んで取り組む力
    2. 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
    3. 実行力:目的を設定し確実に行動する力

○考え抜く力(シンキング)

    1. 課題発見能力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
    2. 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
    3. 創造力:新しい価値を生み出す力

○チームで働く力(チームワーク)

    1. 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
    2. 傾聴力:相手の意見を丁寧に聞く力
    3. 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
    4. 情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
    5. 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
    6. ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

とのように分類されています。それぞれのカテゴリーを見ると確かに社会人基礎力と定義するのにうなずける内容です。

全体結果としては、主体性、実行力を求めている企業が多い模様です。また、弊社の職種と照らし合わせた職種別分析では、営業系が「実行力」「主体性」「情況把握力」、技術・研究系が「実行力」「課題発見力」「創造力」を求めているようです。

これから就職を考えている学生の方も、4月から社会人となる方も、自分がどのような能力を得意としているのかまたは不得手なのかを考えると、自分にふさわしい職種が見つかるかもしれませんね。

次回は、このアンケート結果に対しての更につっこんだ内容を書きたいと思います。

|
|

« これから就職活動を行う方に3 | トップページ | 企業の「求める人材像」調査結果について2 »

人事・採用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192001/14250256

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の「求める人材像」調査結果について1:

« これから就職活動を行う方に3 | トップページ | 企業の「求める人材像」調査結果について2 »